社会保険労務士事務所
オフィス野田


労働基準法 第7条
(公民権行使の保障)


【答えは下にあります】

使用者は、労働者が□□□□中に、選挙権その他公民としての権利を行使し、又は公の職務を執行するために必要な時間を△△した場合においては、拒んではならない。但し、権利の行使又は公の職務の執行に妨げがない限り、△△された時刻を変更することができる。


社会保険労務士(社労士)試験合格を目指すサイト オフィス野田

解答


□=労働時間
△=請求

(公民権行使の保障)
使用者は、労働者が労働時間中に、選挙権その他公民としての権利を行使し、又は公の職務を執行するために必要な時間を請求した場合においては、拒んではならない。但し、権利の行使又は公の職務の執行に妨げがない限り、請求された時刻を変更することができる。

◆ワンポイントアドバイス
裁判員制度もここに該当します。
該当しないは×ですから引っかからないように。


☆☆☆ My blog ☆☆☆

社会保険労務士事務所 オフィス野田(ブログ版)
社労士試験合格への道しるべ
健康でありたい

社労士受験TopPageへ

sitemap
免責事項
プライバシーポリシー
リンク集

社労士受験TopPageへ

各情報の詳細は、PCホームページ(http://www6.ocn.ne.jp/~nodabin/)をご覧下さい。

社会保険労務士事務所
オフィス野田への問い合わせ


リンクはご自由にどうぞ
相互リンク募集中

Copyright (C) 2010 Toshihisa Noda All Rights Reserved.

社労士受験TopPageへ


携帯アクセス解析