社会保険労務士事務所
オフィス野田


労働基準法 第6条
(中間搾取の排除)


【答えは下にあります】

何人も、法律に基いて許される場合の外、業として他人の□□に介入して利益を得てはならない。


社会保険労務士(社労士)試験合格を目指すサイト オフィス野田

解答


□□ 就業

(中間搾取の排除)
何人も、法律に基いて許される場合の外、業として他人の就業に介入して利益を得てはならない。

◆ワンポイントアドバイス
これも歴史的には(現在も??)行われていました。
除かれる法律は職業安定法(有料職業紹介事業)です。
穴埋めとしては難しかったと思いますが、中間搾取というものの理解に努めて下さい。


☆☆☆ My blog ☆☆☆

社会保険労務士事務所 オフィス野田(ブログ版)
社労士試験合格への道しるべ
健康でありたい

社労士受験TopPageへ

sitemap
免責事項
プライバシーポリシー
リンク集

社労士受験TopPageへ

各情報の詳細は、PCホームページ(http://www6.ocn.ne.jp/~nodabin/)をご覧下さい。

社会保険労務士事務所
オフィス野田への問い合わせ


リンクはご自由にどうぞ
相互リンク募集中

Copyright (C) 2010 Toshihisa Noda All Rights Reserved.

社労士受験TopPageへ


携帯アクセス解析