社会保険労務士事務所
オフィス野田


労働基準法 第27条
(出来高払制の保障給)


【答えは下にあります】

出来高払制その他の請負制で使用する労働者については、使用者は、□□□□に応じ一定額の賃金の保障をしなければならない。
社会保険労務士(社労士)試験合格を目指すサイト オフィス野田

解答


□=労働時間


出来高払制その他の請負制で使用する労働者については、使用者は、労働時間に応じ一定額の賃金の保障をしなければならない。

◆ワンポイントアドバイス

営業で全く成果が上がらなくても一定のお給料を支払い必要があるということです。
なお、およそ平均賃金の6割は必要でしょう。

☆☆☆ My blog ☆☆☆

社会保険労務士事務所 オフィス野田(ブログ版)
社労士試験合格への道しるべ
健康でありたい

社労士受験TopPageへ

sitemap
免責事項
プライバシーポリシー
リンク集

社労士受験TopPageへ

各情報の詳細は、PCホームページ(http://www6.ocn.ne.jp/~nodabin/)をご覧下さい。

社会保険労務士事務所
オフィス野田への問い合わせ


リンクはご自由にどうぞ
相互リンク募集中

Copyright (C) 2010 Toshihisa Noda All Rights Reserved.

社労士受験TopPageへ


携帯アクセス解析